こだわり

農でつながる 農でかがやく 共生社会の実現
目的

目的
農でつながる 農で輝く」の理念のもと、安全な農作物を生産することを通して持続可能な共生社会を実現することを目的としています。農業は食の供給だけでない様々な役割を持っています。私たちはそれをきちんとした事業とすることで社会の様々な問題を解決できると考えています。人とつながり、地域とつながり、社会とつながり、私たち自身成長しながら農業でよりよい社会の創造を目指します。

野菜づくり

野菜づくり
私たちは有機的な考えに基づき、野菜の生理に沿った栽培方法で野菜を作っています。人間本意でなく野菜本意で考えることで野菜の持つ味を引き出します。また、収穫後の野菜の汚染を防ぐべくGROBALGAP、JGAPによる農場管理を行い、日本GAP協会の放射能検査プログラムによる放射能検査合格も頂きました。自信を持って安全安心な野菜をお届けします。
※日本GAP協会

土づくり

土づくり
持続可能な共生社会を実現するために私たちはその地域に根を下ろし永続的に事業を行うことが重要だと考えています。農業でいえば根本的な土台になるのは土作りです。良い土の状態を維持し続けるために有機物を投入し土の疲弊を防止し、且つ土壌診断により土壌バランスを崩さないよう、環境汚染に配慮しながら土作りを行っています。

トップへ戻る